一人暮らしの始め方|不動産物件を探すコツ

売却時に用意するもの

模型

必要な書類

マンション売却は普通なら何度もあることではないです。そのため、「売却したいけど、なにからしてよいかわからない」という人も多いと思います。マンション売却をするときには、あらかじめ用意しておくべき書類がいくつかあります。マンション売却をするということは大事な資産を他人に譲渡するということなので、それに関する手続きに必要な書類を揃えておくことは大事です。マンション売却をするときに必要な書類の一つが、「登記済権利書」です。これはマンションを購入したときに法務局から交付される権利書になります。マンションを売却する時には、新しい持ち主に登記済権利書を譲渡することで移転登記が完了します。なお、売却したいマンションを購入したのが平成17年以降の場合は、「登記識別情報」という名称に変更されています。最新の「固定資産税納税通知書」も必要です。固定資産税納税通知書は、納税の確認や登録免許税を算出するときに必要になります。また、売りたいマンションの管理費や修繕積立金などについて記載された、管理規約に関する書類も必要です。こうした書類は、マンションを購入した時に、そのマンションの管理組合によって発行されます。マンションの売買契約の席では、売り主本人の運転免許証やパスポートなどの公的な身分証明書、それに印鑑と印鑑証明書が必要です。また、売りたいマンションと住民票があるマンションが違う場合は、住民票も必要になります。