一人暮らしの始め方|不動産物件を探すコツ

専門的な知識がある

説明

交渉までしてくれる

地主から借地権の返還を要求されたり、高い更新料を請求された場合素直に従う人も少なくありません。土地の所有者の方が立場が強いと勘違いしている為です。しかし借地権の所持者は法律で守られていて、地主の都合で不当に返還要求されても断る権利があり、正当な理由なく立ち退きを迫られたら立退料を要求できます。こういった借地に関する権利について知らない人が多いので、問題が発生したら専門家に相談することが大切です。権利関係のことなので弁護士を選ぶ人もいますが、借地に関しては法律だけではなく土地の価値の判断や土地取引に関する知識が必要になります。借地権の価値は土地価格の10〜20%ですが、そういった事を判断するために不動産に関する知識が不可欠になるのです。その為相談は借地を取り扱っている不動産会社や、借地問題を専門に取り扱っている業者を選んだ方が良いでしょう。相談自体は電話やメールで無料で出来ます。その後対面での相談になりますが、その時には土地の貸借契約書や登記簿、測量図や公図が必要になります。また実際に現地に行って土地や建物の状態を確認することもあります。相談内容に応じて不動産査定書や借地権売買に向けての見積もりなどを作成し、その後地主との交渉を行います。この時地主との交渉もしっかり行ってくれる業者を選ぶことはとても大切です。たとえ知識があっても交渉事が苦手とか土地を借りている立場上強く言えないという人は多いので、円満に解決するには第3者の介入が必要となります。